クロルピクリンガイド

ご覧になりたい項目をクリックしてください
クロルピクリンの物性・分解性
土壌施用後の動態
クロルピクリンの使用方法
土壌微生物と植生に対する影響



クロルピクリンは、わが国では1948年に農薬取締法公布と同時に農薬として登録され、
現在も幅広く使用されている土壌消毒剤です。
このことは野菜、花き、畑作物等幅広い作物の病害虫及び雑草に優れた防除効果を示し、
連作障害を防ぎ、作物の品質向上と増収をもたらすことが、高い評価を受けているにほかなりません。
しかし、クロルピクリンは人畜に対して強い刺激性或いは催涙性があります。
従って何にもまして安全を念頭においた適切な使用方法が求められる薬剤でもあります。
ここのページでは、クロルピクリンの適切な使用方法を始めとして、試験研究機関で得られた
クロルピクリンの特性などについてわかりやすく掲載しました。

採用情報





シロアリネット

製品検索

ソイリーン

農薬の正しい使い方

ページトップへ▲