みつひかりの特長

高い収量性(多収)

高い収量性(多収)

地域の一般品種と比較して、3~5割の増収が期待できます。

「みつひかり」は、全国平均で12~13俵/10a(1俵=60kg)の多収実績があります(一般品種では8~9俵/10a)。F1品種のため種子価格は通常の7~8倍ですが、増収分で種子代をカバーする以上の収益性を得ることが期待できます。米価が下落傾向の中、生産者の収益を確保するためには、生産性の向上が大きなポイントとなります。ハイブリッドライス品種「みつひかり」は安定的な多収による生産者の収益確保が期待できる品種です。

「みつひかり2003」は極多収で栽培しやすく、「みつひかり2005」は多収かつ良食味を特長としています。


   **食味値(サタケ食味計)
         **栽培農家からの聞き取り調査(全国平均)
**自社調べ(サタケ米粒食味計測定値)

  図「みつひかり」の収量と食味


表みつひかりの収量(全国)
                    10aあたりの玄米収量(kg)
生産年
2013 2014 2015 2016
みつひかり※ 平均 746 754 678 748
一般品種 平均 539 536 531 544
*自社調べ


良食味

良食味

「みつひかり2003」は業務用米に向いた食味を有しています。
「みつひかり2005」は、食味が良く、家庭用・中食用に向いています。

「みつひかり2003」は日本晴の血を引き、炊飯米はあっさりとした食感で、業務用米として大変好評です(丼などにも向いてます)。
「みつひかり2005」はコシヒカリ系の血を引き、炊飯米は粘りがあり、冷めてもおいしく、弁当やおにぎりなどの家庭用・中食用として大変好評です。また、外食企業や給食業者もこの特長を評価しています。

品種名
品質特性
用  途
家庭用
業  務  用
飯米

カレー
チャーハン
ピラフ
すし
おむすび
弁当
みつひかり
2003
●玄米の光沢に優れ、
 透明度も高い。
●炊飯米は、つやと適度
   な粘りがある。
●炊飯米の形状はやや
   長めなので、 洋風・
   中華にも適する。







みつひかり
2005
●玄米の光沢に優れ
   透明度も高い。
●炊飯米は、つやがあ
   り、粘りと甘味が
   強い。








※ ◎:最適 ○:適 △:可

ページトップへ▲

草姿と穂

「みつひかり」の草姿


「みつひかり」の特長

★草姿は受光効率のよい直立型で、葉色も濃い。
★稈長は長く、(90~100cm)草丈が高いが倒伏に強い
★多肥栽培に適する
★生育期間が長い(関東:5月上旬移植⇒10月中旬以降 収穫、西日本:6月中旬移植⇒
10月下旬以降 収穫)

ページトップへ▲

「みつひかり」の穂

「みつひかり」は、一穂あたりの粒数が多いのが特長です。


一般品種の平均穂長は18~20cmで、穂には約80粒の籾ができます。
これに対し、「みつひかり」では、穂長・一穂粒数は、ともに一般品種の約1.5倍となり、
これがみつひかりの増収に結びつきます。
平均的には、みつひかり2003では、穂長30cm、一穂粒数180、みつひかり2005では、
穂長25cm、一穂粒数は150にもなります。長い穂では250~300もの籾ができることもあります。

ページトップへ▲

長い生育期間

長い生育期間(極晩生)

品種の特性上、生育期間が長い → 作業分散が可能
「刈り遅れ」による品質劣化はほとんど見られません。

「みつひかり」は、特性上、西日本での栽培に適しています。
大規模生産者においては、生産効率化(作業の分散・施設稼働率)のために、生育期間の長い「みつひかり」を利用していただいています。胴割れしづらい品種で、収穫が遅くなっても品質の劣化がほとんど無く、「刈り遅れ」の心配のない品種です。

           

ページトップへ▲

栽培地域

「みつひかり」の普及状況
           
           

採用情報





シロアリネット

製品検索

ソイリーン

農薬の正しい使い方

ページトップへ▲