有効成分の安全性と効果

スタークルの有効成分

一般名 : ジノテフラン(dinotefuran)
試験名 : MTI-446
商品名 : スタークル
農林水産省登録:
   【スタークル粒剤】  第20805号
   【スタークル粉剤DL】 第20814号
化学名 : (RS)-1-メチル-2-ニトロ-3-(テトラヒドロ-3-フリルメチル)グアニジン
分子式 : C7H14N4O3
分子量 : 202.21
構造式 :

安全性

●人畜毒性(原体) :普通物 *1)
急性毒性
(LD50 mg/kg)
経口 ラット、マウス
2,000
経皮、ラット
> 2,000

●鳥類毒性(原体)
急性毒性
(LD50 mg/kg)
経口 ウズラ
> 2,000

●魚毒性(原体)
TLm(mg/L)
マゴイ(48時間)
> 1,000
ニジマス(96時間)
> 1,000
ミジンコ(3時間)
> 10,000

*1)
「毒物および劇物取締法」(厚生労働省)に基づく、特定毒物、毒物、劇物の指定を受けない物質を示す。



殺虫効果および斑点米抑制効果

分類 種類 殺虫
効果
斑点米
抑制効果
半翅目
(カメムシ類)
アカヒゲホソミドリカスミカメ
アカスジカスミカメ
ホソハリカメムシ
クモヘリカメムシ
シラホシカメムシ
トゲシラホシカメムシ
オオトゲシラホシカメムシ
コバネヒョウタンナガカメムシ
ミナミアオカメムシ
半翅目
(その他)
トビイロウンカ
セジロウンカ
ヒメトビウンカ
ツマグロヨコバイ
りん翅目 ニカメイチュウ
甲虫目 イネドロオイムシ
イネミズゾウムシ
◎:効果が極めて高い ○:効果が高い -:未試験

水稲カメムシ類に対する基礎活性

殺虫活性

いずれのカメムシにも安定した高い効果を示します。

●虫種別殺虫活性
    (三井化学株式会社 平成11年)
*試験方法:
供試薬剤をアセトン溶液としマイクロシリンジを用いて虫体に局所施用。処理5日後の死虫率を求め、LD50値を算出。


吸汁阻害活性

カメムシ類への優れた吸汁阻害活性に
ご注目ください。


●カメムシへの吸汁阻害効果
    (三井化学株式会社 平成11年)
*試験方法:
アセトン溶液としたスタークルをミナミアオカメムシにマイクロシリンジを用いて局所施用し、稲籾に放飼。処理5日目に死虫率と稲籾の吸汁痕数を調査。


採用情報





シロアリネット

製品検索

ソイリーン

農薬の正しい使い方

ページトップへ▲