製品詳細

殺虫剤 第 20863 号

ランネート®45DF

※iOS(iPhone、iPadなど)、Android4.1以降のバージョンでは動画は表示されません。
 ご覧いただく場合は皆様個人で必要なアプリをダウンロードいただきますようお願いいたします。

ランネート(R)45DF

特長

  • ●広範囲の害虫に有効な殺虫剤です。
    ●優れた速効性と強力な殺虫効果があります。
  • CHIRASI
  • LEAF
  •   
  • TECHNICALINFO
  • MSDS
  •  
  • TEKIYO
有効成分 メソミル(PRTR法第1種)・・・45.0%
性状 青色水和性微粒及び細粒
毒性 劇物 有効年限 4年
危険物 包装 100g×120、500g×24

ランネートは米国ダウ・デュポン社、またはその関連会社の商標、または登録商標です。

2018年05月30日現在の内容です。

作物名 適用病害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 メソミルを含む農薬の総使用回数
かぼちゃ ワタアブラムシ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 3回以内
いちご イチゴメセンチュウ
イチゴセンチュウ
1000倍 100~300㍑/10a 育苗期 4回以内 散布 4回以内
定植後生育初期
イチゴネグサレセンチュウ 1000~2000倍 1~2㍑/㎡ 移植活着後(育苗期) 灌注
コガネムシ類幼虫 2~3㍑/㎡
ピーマン(露地栽培) タバコガ
ハスモンヨトウ
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫開始14日前まで 4回以内 散布 4回以内
キャベツ アオムシ
コナガ
ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
アブラムシ類
タマナギンウワバ
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
はくさい アオムシ
コナガ
ヨトウムシ
アブラムシ類
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 2回以内 散布 2回以内(は種時の土壌混和は1回以内)
だいこん アオムシ
コナガ
アブラムシ類
ハイマダラノメイガ
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫21日前まで 2回以内 散布 2回以内(は種時の土壌混和は1回以内)
こまつな アブラムシ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 3回以内 散布 3回以内
チンゲンサイ アブラムシ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 2回以内 散布 2回以内
かぶ アオムシ
アブラムシ類
1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 2回以内 散布 2回以内
カリフラワー ヨトウムシ
アブラムシ類
1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 2回以内 散布 2回以内
ブロッコリー ヨトウムシ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 2回以内 散布 2回以内
アブラムシ類 1000~2000倍
レタス ヨトウムシ
アブラムシ類
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫21日前まで 2回以内 散布 2回以内(植付時の土壌混和は1回以内)
オオタバコガ
ナメクジ類
1000倍
サラダ菜 ヨトウムシ
アブラムシ類
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫21日前まで 2回以内 散布 2回以内
オオタバコガ 1000倍
ほうれんそう ヨトウムシ
ミナミキイロアザミウマ
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 4回以内 散布 4回以内
アブラムシ類 1000倍
ねぎ シロイチモジヨトウ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 4回以内 散布 4回以内
クロバネキノコバエ類 2000倍
ネギアザミウマ 1000~2000倍
たまねぎ ネギアザミウマ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 4回以内 散布 4回以内
しょうが ハスモンヨトウ 1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 4回以内 散布 4回以内
ばれいしょ ジャガイモガ
ナストビハムシ
ニジュウヤホシテントウ
1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 5回以内 散布 5回以内
アブラムシ類 1000~2000倍
かんしょ ハスモンヨトウ
ナカジロシタバ
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 5回以内 散布 5回以内
だいず ハスモンヨトウ
シロイチモジマダラメイガ
マメシンクイガ
カメムシ類
ツメクサガ
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫14日前まで 4回以内 散布 4回以内
えだまめ ハスモンヨトウ
シロイチモジマダラメイガ
マメシンクイガ
カメムシ類
ツメクサガ
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 3回以内 散布 3回以内
てんさい ヨトウムシ
トビハムシ
1000~2000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 5回以内 散布 5回以内
にんじん ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
アブラムシ類
1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 2回以内 散布 2回以内(は種前の土壌混和は1回以内)
セルリー ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
アブラムシ類
1000倍 100~300㍑/10a 収穫30日前まで 2回以内 散布 2回以内
パセリ アブラムシ類 2000倍 100~300㍑/10a 収穫30日前まで 1回 散布 1回
ごぼう アブラムシ類 1000倍 100~300㍑/10a 収穫7日前まで 2回以内 散布 2回以内
アスパラガス ネギアザミウマ 1000倍 100~300㍑/10a 収穫前日まで 1回 散布 2回以内(散布は1回以内、灌注は1回以内)
ネギアザミウマ
ナメクジ類
1~3㍑/㎡ 収穫3日前まで 灌注
にら ネギアザミウマ
ネダニ類
1000倍 1㍑/㎡ 収穫21日前まで 2回以内 灌注 2回以内
らっきょう ネダニ類 1000倍 1㍑/㎡ 収穫21日前まで 2回以内 灌注 2回以内
食用ゆり クロバネキノコバエ類 500倍 - 植付前 1回 30分間種球浸漬 1回
ハスモンヨトウ
チャトゲコナジラミ
1000倍 200~400㍑/10a 摘採21日前まで 2回以内 散布 2回以内
コカクモンハマキ
チャハマキ
チャノホソガ
ミドリヒメヨコバイ
1000~1500倍
チャノキイロアザミウマ
ツマグロアオカスミカメ
1000~2000倍
たばこ タバコガ
ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
1000~2000倍 25~180㍑/10a 収穫10日前まで 2回以内 散布 2回以内

総使用回数色については有効成分を含む農薬の総使用回数を示すものです。

使用上の注意

(1)使用量に合わせ薬液を調製し、使いきること。
(2)石灰硫黄合剤、ボルドー液等アルカリ性薬剤との混用はさけること。
(3)はくさいに使用する場合は、定植後20日以内では薬害のおそれがあるので使用しないこと。又、定植後20日頃に使用する場合は、低濃度(2000 倍)で使用すること。
(4)ジャガイモガに対しては、潜葉幼虫を対象に使用すること。
(5)イチゴネグサレセンチュウ防除の場合、苗の移植活着後(育苗期)に7~10日間隔で2~3回ジョロ等で灌注すること。
(6)ミナミキイロアザミウマの防除に使用する場合、生息密度が高まると効果が劣るので、初発生をみたら直ち
に散布すること。なお、ミナミキイロアザミウマは繁殖が早いので、散布はかけ残しのないようていねいに行うこと。
(7)ねぎのシロイチモジヨトウの防除に使用する場合は、食入前の若齢幼虫期に散布すること。
(8)散布液の漂流飛散による危害を防止するため、特に水田転換作の大豆などに散布する場合は、フォームスプレー(泡散布)することが望ましい。
(9)蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにすること。
(10)ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意すること。
  1)ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにすること。
  2)関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認
   し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努める
   こと。
(11)本剤の使用に当たっては、危害防止のため使用条件などを誤らないように注意し、特にはじめて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

人畜に有毒な農薬については、その旨及び解毒方法

(1)医薬用外劇物。取扱いには十分注意すること。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせること。
(2)作業中に、粉末や噴霧を吸い込んだ場合は、薬剤にさらされない場所に移り、安静にすること。薬液を多量に浴びたときには、衣服を脱ぎ、皮膚・眼をよく洗うこと。また、身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けること。
(3)本剤による中毒に対しては、硫酸アトロピン製剤の投与が有効であると報告されている。呼吸が困難な場合は気道を確保すること。口移し人工呼吸は行わないこと。
(4)本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けること。
(5)薬液調製時及び使用の際は、防護マスク、保護眼鏡、不浸透性手袋、不浸透性防除衣などを着用すること。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼するとともにうがいをすること。
(6)本剤の散布に当たっては危害防止のため、胸の高さ以下の作物に対して下に向けて散布することとし、作物が胸の高さを超える場合は絶対に散布しないこと。特にたばこでは、草丈が腰の高さの時までに散布すること。
(7)施設内において灌注処理を行う場合は、出入り口、天窓、側窓等を開け、適宜、通気を確保して作業を行うこと。
(8)本剤の灌注処理に当たってはハス口状ノズルを使用すること。また、危害防止のためハス口状ノズルを腰より下にして地面に向けて灌注すること。
(9)被覆中の茶園や施設内など、噴霧のこもりやすい場所での散布は行わないこと。
(10)高温多湿時の長時間作業及び疲労時の使用はさけること。

水産動植物に有毒な農薬については、その旨

(1)水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすおそれがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用すること。
(2)使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきること。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないこと。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理すること。

引火し、爆発し、又は皮膚を害する等の危険のある農薬については、その旨

通常の使用方法ではその該当がない。

貯蔵上の注意事項

直射日光をさけ、鍵のかかるなるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。

採用情報





シロアリネット

製品検索

ソイリーン

農薬の正しい使い方

ページトップへ▲