ネギアザミウマ・ネギハモグリバエ対策

スタークル/アルバリン顆粒水溶剤 ネギアザミウマ・ネギハモグリバエ対策
ネギアザミウマ・ネギハモグリバエを灌注処理で排除します。
ネギアザミウマ
ネギハモグリバエ

ねぎ灌注処理の特長

優れた浸透移行性を活かし、卓効を示す独自性ある使用方法

●植物体内に速やかに移行した有効成分が、潜り込んだ幼虫にも効果を発揮します
ネギハモグリバエ、およびネギアザミウマ対象にお使いいただけます
●安定した長い効きめを示します
●省力的に、むらなく処理できます
●薬液のドリフト抑制、散布回数の削減に貢献できます

【灌注処理上の注意】 ●展着剤を加用しないでください。●処理直後の灌水は避けてください。



スタークル/アルバリン顆粒水溶剤の適用作物・害虫抜粋 ~ねぎ~
                                                                                                                                  平成28年6月13日現在の内容です。
作物名 適用病害虫名 希釈
倍数
使用液量 使用時期 本剤の
使用
回数
使用
方法
ジノテフラン
を含む農薬の
総使用回数
ねぎ アザミウマ類 2000倍 100~300
L/10a
収穫3日前まで 2回
以内
散布 4回以内
(は種時の
土壌混和、
育苗トレイへ
の灌注及び
定植時の
株元散布は
合計1回
以内、
生育期の
株元灌注は
1回以内、
散布及び
定植後の
株元散布は
合計2回以内)
アザミウマ類
ハモグリバエ類
シロイチモジヨトウ
タネバエ
ネギコガ
50倍 セル成型
育苗トレイ
1箱または
 ペーパー
ポット1冊
(30×60cm
・使用土壌
約1.5~4.0L)
当り0.5L
定植前日
~定植時
1回 灌注
アザミウマ類
ハモグリバエ類
トビイロヒョウタンゾウ
ムシ
400倍 0.4L/㎡ 生育期(但し、
収穫14日前
まで)
株元
灌注

採用情報





シロアリネット

製品検索

ソイリーン

農薬の正しい使い方

ページトップへ▲