トピックス

農業科学品事業2018/05/16

2018年5月16日付けで、アトラクトン箱粒剤の適用が拡大されました。

アトラクトン箱粒剤
[適用病害虫名の追加]
 稲(箱育苗):フタオビコヤガ、ニカメイチュウ

[ジノテフランを含む農薬の総使用回数( )内表記の変更]
 4回以内(育苗箱への処理及び側条施用は合計1 回以内、本田での散布、空中散布、無人ヘリ散布は合計3 回以内)
 → 4 回以内(育苗箱への処理及び側条施用は合計1 回以内、本田での散布、空中散布、無人航空機散布は
 合計3回以内)

トピックス一覧へ

ページトップへ▲