沿革

当社のこれまでの歩みをご紹介します。

は三井化学の沿革

1899年
  • ・三共商店設立
1921年
  • ・わが国初の合成農薬クロルピクリンの製造・販売
1933年
  • ・東洋高圧工業設立
1939年
  • ・滋賀県に野洲川工場を開設
1941年
  • ・三井化学工業株式会社設立
1946年
  • ・大牟田工場で土壌くん蒸剤「クロルピクリン」の生産開始
1951年
  • ・宇都宮化成工業株式会社設立
1955年
  • ・三井石油化学工業株式会社設立
1961年
  • ・シロアリ防除事業を開始
1962年
  • ・九州三共株式会社設立
1964年
  • ・水稲用除草剤「MO」を発売
1968年
  • ・三井化学工業株式会社と東洋高圧工業株式会社が合併し、三井東圧化学株式会社を設立
1971年
  • ・殺菌剤「タチガレン」を発売
1974年
  • ・三井東圧化学株式会社農医薬事業部東京販売部を母体に、三井東圧農薬株式会社を設立・殺虫剤「オフナック」を発売
1977年
  • ・DL剤(粉剤のドリフト防止剤)を開発
1979年
  • ・水稲用除草剤「ウリベスト」を発売
1980年
  • ・ピラゾール系水稲用除草剤「サンバード」を発売
1982年
  • ・水稲用初期一発除草剤「クサカリン」を発売
1984年
  • ・殺菌剤「タチガレエース粉剤」を発売
1986年
  • ・水稲用除草剤「シンザン」を発売
1987年
  • ・殺虫剤「トレボン」を発売・殺菌剤「タチガレエース液剤」を発売
1990年
  • ・殺ダニ剤「ミルベノック乳剤」を発売
1992年
  • ・土壌殺菌剤「ネビジン」を発売
1993年
  • ・殺ダニ剤「コロマイト乳剤」を発売
1994年
  • ・株式会社三共緑化(後の株式会社エムシー緑化)設立
1997年
  • ・三井東圧化学株式会社と三井石油化学工業株式会社が合併し、三井化学株式会社を設立・殺ダニ剤「アニバース」を発売・水稲用投げ込み型一発除草剤「クサトリエースジャンボ」を発売・殺ダニ剤「コロマイト水和剤」を発売
2002年
  • ・殺虫剤「スタークル」、「アルバリン」を発売・防疫用殺虫剤「ベルミトール水性乳剤」を発売
2003年
  • ・殺菌剤「サンリット水和剤」を発売・三共株式会社よりアグロ事業部門を会社分割し、三共アグロ株式会社を設立・三共株式会社より特品事業部門を会社分割し、三共ライフテック株式会社を設立
2004年
  • ・防蟻剤「ミケブロック」「ミケブロック乳剤木部処理用」を発売
2005年
  • ・三井東圧農薬株式会社と三中化学株式会社、三東化学工業株式会社が統合し、三井化学クロップライフ株式会社を設立
2007年
  • ・三共アグロ株式会社が三共ライフテック株式会社のアメニケア事業部門を承継・株式の譲渡により、三共アグロ株式会社が三井化学グループの一員となる・三共アグロ株式会社と三井化学クロップライフ株式会社を統合、新会社の社名は「三共アグロ株式会社」を継承・宇都宮化成工業株式会社が三井化学グループの一員となる・防蟻システム「タームガードシステム」を発売
2009年
  • ・三井化学株式会社の農業化学品事業と三共アグロ株式会社が統合、三井化学アグロ株式会社を設立・株式会社エムシー緑化が三井化学グループの一員となる
2010年
  • ・殺菌剤「アフェットフロアブル」を発売・殺虫剤「アニキ乳剤」を発売
2011年
  • ・韓国支店法人を設立
2012年
  • ・防蟻剤「ミケブロック粒剤」を発売・タイ事務所を設立
2013年
  • ・ベトナム事務所を設立
2015年
  • ・畜舎用殺虫剤「フライダウンベイト」を発売
2016年
  • ・殺菌剤「サンブラス粒剤」を発売・断熱施工「ヒートマジックシステム」を発売
2018年
  • ・IVCC  (Innovative Vector Control Consortium:ビル&メリンダ・ゲイツ財団などのファンドの出資を受けて活動している団体)の支援を得た取り組みである、2040 年までにマラリア被害ゼロを目指す「ZERO by 40」に参画
2021年
  • ・殺虫剤「ブロフレアSC」を発売・防疫用殺虫剤「ベクトロンFL」を発売・水稲用除草剤原体「サイラ」配合製品を発売
2022年
  • ・Meiji Seikaファルマ株式会社の農薬事業を取得し、株式会社MMAG、MMアグロケミカル株式会社、株式会社MMアグロコリアを承継