製品一覧PRODUCTS LIST

シロアリ

住まいの大敵であるシロアリ。シロアリによる被害は建物の外側からの発見が困難なため、シロアリ対策には新築時の予防施工と定期的な再施工が重要です。使用する薬剤はシロアリに対する駆除効果や長期間の予防効果に加えて、においや刺激が少なく、作業者や居住者に対する高い安全性が求められます。

  • ミケブロック製剤

    確かな効果と優れた安全性で人と環境に優しいシロアリ防除薬剤です

  • ミケブロック粒剤

    高い安定性で住宅の長期保証を実現します。
    ※アメニティ会専売品

  • エコロフェン製剤

    エトフェンプロックスを有効成分とする速効性と持続性に優れたシロアリ防除剤です

  • アジェンダSC

    有効成分フィプロニルの伝播効果で、シロアリのコロニー全体を駆除します。

ゴキブリ

ゴキブリは雑食性、夜間活動性、潜伏性、繁殖力により人間の身近な環境に適応し、各種病原菌を伝播する衛生害虫として問題になっています。特に都市部の飲食店を中心とした既存の殺虫剤に抵抗性を獲得したチャバネゴキブリの蔓延は、多くのPCOの日々の防除作業を困難なものにしています。当社には、抵抗性ゴキブリに有効な製品、駆除効果や長期残効性に優れた製品など幅広いラインナップがあります。

  • ベクトロンFL

    散布タイプとしては50年ぶりの新系統の防疫用殺虫剤。既存剤の抵抗性害虫にも確かな効力を発揮します

  • サフロチンMC

    マイクロカプセルの力でゴキブリやトコジラミを確実に防除します

  • ベルミトール水性乳剤・アクア

    幅広い衛生害虫に有効な、人と環境に優しい水ベースで低粘性タイプのエトフェンプロックス製剤です

トコジラミ

訪日外国人や海外渡航者による持ち込み、物資の移動による拡散によって2000年代後半から国内でのトコジラミ被害事例が増加傾向にあります。特にピレスロイド剤に抵抗性を獲得したいわゆるスーパートコジラミの登場により、市販の殺虫剤での駆除が困難となっています。また、最近では有機リン剤にも抵抗性を獲得したネッタイトコジラミも確認されており、今後さらなる被害拡大が危惧されます。

  • ベクトロンFL

    散布タイプとしては50年ぶりの新系統の防疫用殺虫剤。既存剤の抵抗性害虫にも確かな効力を発揮します

  • サフロチンMC

    マイクロカプセルの力でゴキブリやトコジラミを確実に防除します

  • ベルミトール水性乳剤・アクア

    幅広い衛生害虫に有効な、人と環境に優しい水ベースで低粘性タイプのエトフェンプロックス製剤です

ハエ・蚊

イエバエに代表されるハエは非常に繁殖力が大きく、発育のための条件が揃うと爆発的に増殖し、ゴミ処理場、畜鶏舎、ビニールハウスなどで問題になっています。
蚊は人から吸血する害虫の代表で、各種病気(デング熱、マラリア、日本脳炎など)を媒介します。国内でも2014年に約70年ぶりにデング熱の国内感染例が報告されるなど、地球温暖化によりさらにその危険性は増加しています。成虫対策には速攻的な致死効果、幼虫対策には長期間の残効性と水域での低環境負荷が求められます。

  • ベルミトール水性乳剤・アクア

    幅広い衛生害虫に有効な、人と環境に優しい水ベースで低粘性タイプのエトフェンプロックス製剤です

  • フライダウンベイト

    誘引剤でハエを寄せ付けて有効成分ジノテフランで速効的にハエを駆除する畜鶏舎用のハエベイト剤です

ノミ・ダニ

イヌやネコに寄生し人も吸血するノミや、屋内に生息し死骸や糞が気管支喘息、アトピー性皮膚炎、鼻アレルギー等をひきおこすといわれている屋内塵性ダニ(ヒョウヒダニ、コナダニ、ツメダニ)。対策は清掃による除去や、熱処理や乾燥などの物理的防除が中心となりますが、薬剤処理も有効です。また、近年では屋外に生息するマダニによる「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の発症が問題となっており、マダニの追加適用を取得した製品もあります。

  • ベクトロンFL

    散布タイプとしては50年ぶりの新系統の防疫用殺虫剤。既存剤の抵抗性害虫にも確かな効力を発揮します

  • サフロチンMC

    マイクロカプセルの力でゴキブリやトコジラミを確実に防除します

  • ベルミトール水性乳剤・アクア

    幅広い衛生害虫に有効な、人と環境に優しい水ベースで低粘性タイプのエトフェンプロックス製剤です

ムカデ・ヤスデ・ダンゴムシ・アリ(歩行性不快害虫)

住宅の周囲で大量発生し、屋内への侵入が問題となるムカデやヤスデ、アリといった不快害虫。特にムカデは攻撃性が強く、接触した瞬間に牙で咬みつき、咬まれると毒が出て炎症を起こし激しい痛みを伴います。こうした歩行性の不快害虫は発生源対策のほか、建物への侵入防止対策も重要となります。

  • シャットアウトSE

    プロの害虫駆除業者が使用する歩行性不快害虫専用の業務用殺虫剤です

  • バーミレス乳剤

    共力剤S-421により効力を増強した不快害虫用のエトフェンプロックス製剤です

  • ハイカプシン粒剤

    ユスリカなどの不快害虫に少量で速効的に確実な効果を発揮します

ユスリカ・チョウバエ(飛翔性不快害虫)

都市河川、下水処理施設、湖沼、池などから多発し、成虫が灯火に誘引されて屋内に侵入し、特に食品工場などで異物混入の原因として問題となるユスリカ。成虫の寿命は短いため、水域への幼虫対策が基本となります。また、飲食店の排水溝、簡易浄化槽、下水処理施設、ビル地下水槽など有機物が蓄積している場所で多発するチョウバエも幼虫対策が重要です。暗黒下で幼虫が発生する場合が多く、発生源の発見に苦労しますが、水際のスカムを採取すれば幼虫の確認が可能です。

  • ミディ発泡錠

    泡の力で有効成分が速やかに拡散する、雨水枡や汚水槽など小水域の不快害虫幼虫対策に適した製品です

  • ミディ水和剤

    幼虫の全令期に有効なキチン合成阻害タイプの昆虫成長阻害剤です

  • ハイカプシン粒剤

    ユスリカなどの不快害虫に少量で速効的に確実な効果を発揮します

  • バーミレス乳剤

    共力剤S-421により効力を増強した不快害虫用のエトフェンプロックス製剤です

ネズミ

ネズミによる被害は、衛生的被害、都市機能の被害、経済的被害の3つがあげられます。衛生的被害は、感染症、皮膚炎、精神的障害などです。都市機能の被害には、鋭い歯でコードなどを噛み切ることによる電気災害や交通被害などがあります。ネズミ対策は殺鼠剤による駆除のほか、建物への侵入防止対策が重要となります。

  • RR-40ブラシ

    ネズミの侵入口、通路、パイプなどに設置して、建物内へのネズミの侵入を防止します

PAGE TOP