バーミレス乳剤

レナトップ乳剤
製 品 名
バーミレス乳剤
用  途
不快害虫用殺虫剤
成  分
エトフェンプロックス・・・・・5.0%  ​共力剤S-421・・・・・11%
使用方法

用法
希釈
噴霧量


飛翔性不快害虫
(ショウジョウバエ、チョウバエ、ユスリカ)

成虫 直接噴霧
100~200倍
適宜
残留噴霧
25~50倍
50ml/m2
幼虫 発生源対策
400倍
2L/m2
ゴミ・堆肥直接散布
600~800倍
4L/m2
水域に散布 水量1m3 につき10~20ml 
歩行性不快害虫
(アリ) 
残留塗布
・噴霧
20~30倍
50ml/m2
特  長
  • エトフェンプロック×共力剤S-421による強力殺虫効果
  • 幅広い不快害虫に有効で、様々な現場で使用可能
  • 使用者にもお客様にも安心の普通物 ※毒物及び劇物取締法(厚生労働省)に基づく特定毒物、毒物、劇物の指定を受けない物質

 【効果が確認されている不快害虫】
 ムカデ・ヤスデ・ゲジ・ダンゴムシ・タカラダニ・チャタテムシ等

製品情報
(PDF)
   製品パンフレット

SDSバーミレス乳剤
【MSDS:安全データシート】国際整合の観点から【SDS】と表記されます。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、 こちら からダウンロードして下さい。


採用情報





シロアリネット

製品検索

ソイリーン

農薬の正しい使い方

ページトップへ▲