製品詳細

除草剤 第 18680 号

ウリホス®粒剤10

※iOS(iPhone、iPadなど)、Android4.1以降のバージョンでは動画は表示されません。
 ご覧いただく場合は皆様個人で必要なアプリをダウンロードいただきますようお願いいたします。

ウリホス(R)粒剤10

特長

  • ●4種成分の配合により適用草種幅が広く、長期間雑草を抑えます。
    ●SU剤抵抗性雑草に対しても優れた除草効果を発揮します。
  • CHIRASI
  • LEAF
  •   
  • TECHNICALINFO
  • MSDS
  •  
  • TEKIYO
  • SEIHIN
有効成分 ジメタメトリン・・・0.20%
ピラゾレート(PRTR法第1種)・・・4.0%
プレチラクロール(PRTR法第1種)・・・1.5%
ベンフレセート・・・1.0%
性状 類白色細粒
毒性 普通物※ 有効年限 5年
危険物 包装 3kg×8

ウリホスは三井化学アグロ(株)の登録商標です。

※普通物:「毒物および劇物取締法」(厚生労働省)に基づく、特定毒物、毒物、劇物に指定を受けない物質を示す。

2010年04月21日現在の内容です。

作物名 適用雑草名 使用時期 適用土壌 使用量 本剤の
使用回数
使用方法 適用地帯
移植水稲 水田一年生雑草
マツバイ
ホタルイ
ウリカワ
ミズガヤツリ
ヘラオモダカ
ヒルムシロ
セリ(近畿・中国・四国)
アオミドロ・藻類による表層はく離
移植後3日~ノビエ2.5葉期 ただし、移植後30日まで 壌土~埴土 3kg/10a 1回 湛水散布 東北、関東・東山・東海の普通期及び早期栽培地帯
移植後3日~ノビエ2葉期 ただし、移植後30日まで 北陸、近畿・中国・四国、九州の普通期及び早期栽培地帯
ジメタメトリンを含む農薬の総使用回数 ピラゾレートを含む農薬の総使用回数 プレチラクロールを含む農薬の総使用回数 ベンフレセートを含む農薬の総使用回数
2回以内 2回以内 2回以内 2回以内

総使用回数色については有効成分を含む農薬の総使用回数を示すものです。

使用上の注意

(1)使用量に合わせ秤量し、使いきること。
(2)本剤は雑草の発生前から発生始期に有効なので、ノビエの2.5葉期(北陸、近畿・中国・四国、九州は2葉期)までに時期を失しないように散布すること。なお、雑草、特に多年生雑草は生育段階によって効果のフレが出るので、必ず適期に散布するように注意すること。ホタルイ、ミズガヤツリは発生前から発生始期まで、ウリカワ、ヘラオモダカは発生前から2葉期まで、ヒルムシロは発生期まで、セリは発生前から発生始期まで、アオミドロ・藻類による表層はく離は発生前が本剤の散布適期であるが、できるだけ早く散布することが望ましい。
(3)苗の植付けが均一となるように代かきをていねいに行うこと。未熟有機物を施用した場合は特に代かきをていねいに行うこと。
(4)散布に当たっては、水の出入りを止めて湛水のまま田面に均一に散布し、少なくとも3~4日間は通常の湛水状態(水深3~5cm程度)を保ち、散布後7日間は落水、かけ流しはしないこと。また、止水期間中の入水は静かに行うこと。
(5)移植前後の初期除草剤による土壌処理との体系で使用する場合には、雑草の発生状況をよく観察し、時期を失しないよう適期に散布すること。
(6)下記のような条件では初期生育の抑制やクロロシスが生じるおそれがあるので使用をさけること。特にこれらの条件と梅雨明けなどによる散布時又は散布後数日間の異常高温が重なると、初期生育の抑制が顕著になるので、そのような条件下では使用しないように注意すること。
  1)砂質土壌の水田及び漏水の大きな水田(減水深2cm/日以上)
  2)軟弱な苗を移植した水田
  3)極端な浅植の水田
  4)植付精度不良で根が露出する水田
(7)活着遅延を生じるような異常低温が予測されるときは、初期生育の抑制などが生じるおそれがあるので、このような条件下での使用に際しては、県の防除指針に基づき、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。
(8)本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

人畜に有毒な農薬については、その旨及び解毒方法

(1)誤食などのないように注意すること。
(2)散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用すること。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに衣服を交換すること。
(3)作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯すること。
(4)かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意すること。

水産動植物に有毒な農薬については、その旨

(1)水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないこと。
(2)水産動植物(藻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用すること。
(3)散布後は水管理に注意すること。
(4)散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないこと。また、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理すること。

引火し、爆発し、又は皮膚を害する等の危険のある農薬については、その旨

通常の使用方法ではその該当がない。

貯蔵上の注意事項

直射日光をさけ、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。また、吸湿しやすいので開封後は堅く口を閉じ、長期間の保存はさけること。

採用情報





シロアリネット

製品検索

ソイリーン

農薬の正しい使い方

ページトップへ▲