ヒドロキシイソキサゾール(ヒメキサゾール, Hymexazol)

ヒドロキシイソキサゾール(ヒメキサゾール)は三井化学アグロが創出・開発した殺菌剤原体です。ピシウムやフザリウムなどの土壌病原菌に有効で苗立枯病防除やムレ苗発生を防ぐとともに、根の生育促進など健苗育成効果があることから、箱育苗・機械移植の普及とともに必要不可欠な薬剤として半世紀以上にわたり使用されてきました。また、ヒメキサゾールは欧米ではテンサイの種子処理で基幹剤として活躍しています。

ヒドロキシイソキサゾールの使用用途
農業分野
主な対象病害 苗立枯病
主な対象作物 イネ、テンサイ など
代表的な製品名 タチガレン™ タチガレエース™
主な販売国 日本、米国、ドイツ、中国 など